営業認可を行う業務

営業認可を行う業務

建設業をしている人は何かとお世話になっている

行政書士が書類作成においては弁護士や司法書士とは違った役割を持っていること、そして行政という一角の中で活動しているすべての人達にとって無くてはならない存在でもあるのです。調べていく中で、何かと行政書士について『街の法律家』などと比喩しているところもあるのですが、その通りなのかもしれません。先のクーリングオフにしても、今使う機会がなくてもいつかは使用する時が来るかもしれない権利を執行する際、行政書士に頼めば安全に契約解除の算段を整えられる。必要な書類の作成から送付まで担ってもらった後、それでもトラブルが収束しなければそれより先は弁護士へと業務を一任して、行政書士はそこで身を引かなければなりません。

公的な書類の作成については覚えておいて損はないでしょう、ですが同時にかなり面倒だったりします。クーリングオフにしてもそうだが、それこそあらゆる手続きをする上で書類という物的な書面で契約履行を記していなければならないため、行政書士はそうした面倒な書類を作成する上で企業からも重宝される存在だ。

具体的にどんな場面で重宝されるのかというと、営業の許可を貰う上で必要な役所に提出しなければならない書類作成などが主に当たる。その中でも代表的なのが建設業をする人たちにとって長い付き合いになるのです。建物は個人の自由で建設できるものではありません、それを申請するための書類や手続きをして許可を得るためには行政書士の力を借りています。そのため企業には行政書士を役員として迎え入れているケースもあったりするだろう、会社専属となれば何かと便宜は付く上色々と安上がりで済むだろうとも考えられる。

ここではそんな建設業を行う上で必要な建築許可における、行政書士としての仕事としてどんなことをするのかを見てみよう。

主にやることとして

当然ながら、建設業の許可申請をするための書類を作成するためにはそうした勉強を積み重ねてきた行政書士に依頼しなければならない。では実際に作成を行政書士に依頼するとなったらどんな業務を担ってくれるのかというのを先に見てみよう。引いてはこれがメリットへも直結する内容となっているので、そこにも留意していく。

メリットには

このような点が行政書士に建設で必要な書類のほか、何が大切なのかを提供してくれる利点となっている。行政書士側からすれば、書類作成は勿論のこと、業界に関する法律についての最新情報や罰則、それに伴って業界ではどのように進展していくのかなどといった、経営面でも協力することが出来るのです。ここまで出来るようになるためにはそれなりに経験を積んでいなければならないが、出来るようになれば企業にしてみれば頼りになると判断してくれる材料となる。仕事面でも安定して依頼してくれるなど重宝されるきっかけとなれば心強いものはないだろう。

行政書士も法の下で活動する立場となっているため、法律的な側面での助力はある程度認められている。ですが実際に傘として執行するとなったら、その時点で法律違反となってしまうため、出来る事といえば書類作成を除いては簡単なアドバイスくらいだと思ってくれれば良い。

建設業許可を取得したら

企業としては建設業を取得したらそれで終わりではない、行政書士としても取得する手伝いをしたらそのまま御免と去る方向で動いてはいけません。当たり前のことですが、取得するだけしたら後は半永久的に権利を利用し続ける、といったものではないからだ。建設業許可を取得したら5年後には、再度継続取得出来るだけの資格を有しているかどうかを判断されて、要件を満たしていないとされれば許可は剥奪されてしまいます。

行政書士には取得後もそうしたことにならないよう、企業に対して注意喚起をしていかなければならないのです。なので、一度依頼をした場合はその企業と行政書士は長い付き合いになることは間違いないのです。他の行政書士に依頼するのも手かもしれませんが、最初から最後まで担当してくれた行政書士であるなら背景事情などを十分理解しているため、信頼関係という側面からもパートナーとして十分な立場にある。だからこそ建設企業を請け負っている企業と行政書士とは深い繋がりがあると告げたのはこういった所があるからだ。