旅行業の登録でも

旅行業の登録でも

旅行業を営む上でも

行政書士の仕事は営業を行うために必要な許認可を取り付けるのに必要な書類を作成する上で重宝します。起業する人は何かとお世話になる場面が多いわけだ、経営者ともなるとやらなければならない仕事が目白押しとなり、開業するための手続きとなるステップを踏むためにおいては自分だけではどうにもならない時もある。知識として法律に詳しければ助力は必要ないかもしれない、それが出来る人は恐らく数としてはそこまで多数の人が存在しているはずもなく、手順を誤らないためにも専門家の意見は重要となる。

起業家にとっては行政書士には何かとお世話になる機会は増えるわけだが、営業許認可を得るという名目ではもはや観光業としては主体となっている旅行業を営もうとする人たちにしても、行政書士の力が必要となる場面が出てきます。1つ付け加えておくと、ここではあくまで行政書士が出来る仕事としての範囲までを取り扱うという点について憂慮して話をしていく。旅行業を営む人たち、彼らを助けるために行政書士はどのような仕事を請け負うのか、この中には専門分野となっている書類作成も含まれているのでそうした部分にも触れながら話をしていこう。

担当する業務として

旅行業を行うと決めた場合に出てくる一番の障害となるのは、必要となる書類の多さだ。もし依頼しなければ全て自分で用意しなければならないが、個人で用意するには実はかなり面倒だったりもする。作成についてもそうだが、もし行政書士に任せなければこれだけの書類を集めなくてはならないのです。

これら全てを行政書士個人で用意できるものではありませんが、中には行政書士に一任しておけば一部作成や申請から入手までの手順を簡略化出来るという利点がある。行政書士にすれば仕事を少しでも受け持てばそれに見合った報酬は受け取れるので願ってもないだろう。こうした書類作成から収集までが旅行業もかなり面倒だったりする。それこそ用意する以前に旅行業協会という業界へと参入する旨を発信しなければ開業できないとなっている辺り、個人として店を出すにしてもかなりの時間を要する事になる。

素人にすれば心強い味方

旅行業を運営してみたいと思う人は多いだろう、ですが上記のような書類を1人で全て集めるとなったら半年以上時間を要するかもしれない。そもそも開業以前に旅行業協会へ入会できなければ開業以前の問題となっているので、そもそものハードルはかなり高そうだ。また旅行業を運営していくために必要な手続きを取るにしても膨大な時間を要してしまう。

自分一人でやるよりも効率よく開業までの道を開くためにも行政書士はとても役立つのです。また書士としても開業を目指す依頼者に対してアドバイスを元に起業までの道筋を示しながら、具体的な運営の概要から開業までをサポートすることで迅速に手続きを完了するまで後押ししていくのです。業界に参入しようと考えている人の中には業界についてある程度知識として備えている部分もあるだろうが、旅行業に関しての手続きを専門に担当する行政書士であれば法律的な観点に始まり、実際の業務に関することまでアドバイスしていくのが主な仕事となっている。

主にサポートする立場

企業から見た場合、行政書士とは長い付き合いとなるビジネスパートナーとなっていくと見ていいだろう。開業する以前から必要な書類の作成を担当し、実際の経営に関する相談を最新の業界事情に基づいてアドバイスを行い、企業として設立された暁には書類作成の面で担当していく事になる。設立からも何かと入用でお世話になることもあるかもしれないため、起業家を目指す人は信頼できる行政書士を見つけて、自分の作りたい会社を実現するためにも形作っていくとスムーズに事を運んでいける。